Biography

村岡 佑樹


幼少期から出身地である広島の背景や歴史を学んできたことから、素朴な生活の中であっても様々な要素により構成されており、複雑なバランスによって成り立っていると認識している。そして、歴史や生活の営み、物事の成り立ちなどの要素を紐解き、再構築することで、ある事象を取り巻く状況や原因、時代性を明確にし、今私たちが生きていくことについて社会の普遍性との繋がりを考察、表現している。


【略歴】

1993年 

広島県生まれ

2011年 

修道高等学校 卒業

2016年 

東京藝術大学美術学部彫刻科卒業

2018年 

東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了

2019年 

東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻研究生終了

2020年-2022年 

東京富士大学経営学部経営学研究所客員研究員 


【個展】

2022年

「La Pomme d’ Eve」(bertrand larcher le bretagne kagurazaka / 東京都)

「The Apple of My Eye」(スタジオDO-PA-MINE / 東京都)


【グループ展】

2022年

「Rebuilding」(染の里おちあい二葉苑、BaBaBa / 東京都)

「新宿の染×SDGs」(新宿マルイ本館 B1F / 東京都)

2021年

「すみだ向島EXPO2021 軒下プロジェクト Vol.3」(墨田区京島3丁目 軒下10か所 / 東京都)

「ストレンジャーによろしく」(金沢アートグミ、ほか金沢市内13か所 / 石川県)

「SDGs×ARTs展 十七の的の素には芸術がある」(東京藝術大学大学美術館 / 東京都)

2020年 

「みえないものからみえるもの」(天王洲セントラルタワー / 東京都)    

「藝大の猫展 2020」(藝大アートプラザ / 東京都)

2019年

「東京インディペンデント 2019」(東京藝術大学大学美術館陳列館 / 東京都)

「マヅメにボウズをくらう」(art space Morgenrot / 東京都)      

「神山アートホテル」(作良家 / 徳島県神山町)

2018年

「ODDS AND SODS」(ギャラリーせいほう / 東京都)

2017年

「彫刻の五・七・五~かたちで詠む春夏秋冬~」(女子美ミュージアム / 神奈川県)

2016年

「“ぶらまちアート”歴史・町・広島竹原藝術祭」(広島県)


【企画】

2022年

「Rebuilding」展(東京都)

「新宿の染×SDGs」展(東京都)

2021年

「Shinjuku re “和” style project」(東京都)

2020年

「Raw objects」展 (東京富士大学 / 東京都)

2019年

「カミサカアートプロジェクト」(東京都)


【ワークショップ】

2018年

「BIG on Bloor Festival」(トロント / カナダ)


【助成】

2021年

「布をとりまく物語」 東京藝大「I LOVE YOU」プロジェクト